舌側矯正治療について ~歯の裏側からの矯正治療~

今回は、歯の裏側からの矯正治療、いわゆる舌側矯正治療についてです。
実際の治療例をお見せしながら説明していきましょう。
下の写真はいわゆる叢生(乱ぐい歯)という状態です。これは土台が小さく、並んでいる歯が大きいためこのような状態になります。
IMG_3443_convert_20120509110520.jpg 
上下左右第一小臼歯(4番目の歯)を抜歯して、矯正治療を開始しました。
  IMG_3842_convert_20120509110554.jpg        IMG_3845_convert_20120509110626.jpg
上顎は裏側から、下顎は表側から治療を行っています(ハーフリンガル)。
下顎の裏側に装置を付けると、舌が装置に引っかかって非常にしゃべりずらくなり、また強い違和感もあります。
そこで当院では、ハーフリンガルでの治療をお勧めしています。
上顎は裏側から治療することにより、しゃべったり笑ったりするときには全く見えません。
下顎は表側から治療することにより、しゃべりにはほとんど影響が出ません。
IMG_7861_convert_20120509110704.jpg 
治療後です。叢生は改善し、よい状態になりました。
なお最近では、歯につける装置(ブラケット)をより小さいもので治療しています(カーツからNew STbへ)。
以前一人の患者さまで、カーツからNew STbへ付け替えた方がいるのですが、だいぶ違和感が軽減されたとのことです。
ちなみに下の写真はNew STbという装置にて治療を行っている患者さまです。
当院では現在はすべてNew STbによる治療を行っています。
IMG_1725_convert_20120509110447.jpg

コメント

  1. まとめtyaiました【舌側矯正治療について ~歯の裏側からの矯正治療~】

    今回は、歯の裏側からの矯正治療、いわゆる舌側矯正治療についてです。実際の治療例をお見せしながら説明していきましょう。下の写真はいわゆる叢生(乱ぐい歯)という状態です。これは土台が小さく、並んでいる歯が大きいためこのような状態になります。